FC2ブログ

2018-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


水につけてみる / 拡大してみる

ipod14.jpg

<材料:木、水、コップ>

水につけてみた。


ipod15.jpg

<材料:木、むしめがね>

拡大してみた。


フライデーナイト

ipod13.jpg

<材料:木、醤油>

醤油をぶっかけてやった。

金曜の夜だからね。思いっきりはめをはずして、やってやったぜ。
ざまあみろ。

結局、醤油をぶっかけても音楽は聴けなかったが、
でもなにか、少し気が晴れたような気がする。

病気か 動物か

ipod12.jpg

<材料:木、毛>

髪が(勝手に)伸びた。

伸びた不潔な感じのする髪が、負のオーラを出している。病気か?
それともこういう動物なのだろうか。

病気だったら伝染るかもしれないし、
動物だったら追いかけてきて胃液を浴びせかける攻撃を仕掛けてくるかもしれない。
なんにしてもやべー気がするから早く逃げよう。

と思って、音楽が聴けるかどうかも試さずに、
走って逃げてきたわけなのだが、ここは、どこだ。
暗い。寒い。一体ここはどこだ。

助けて!お母さん(壁の染み)!

俺のお母さん

ipod10.jpg

俺がずっとお母さんだと思っていたものは壁の染みだったんすよ。壁の染みをお母さんだと思って、ずっと一緒に暮らしてきたんすよ。でも、そーゆー勘違いって、誰にでもあると思うんすよ。お母さんだと思ってたら実は壁の染みだったりとか、妹だと思ってたら実はTシャツのプリントだったりとか、親友だと思ってたら実はJPG画像だったりとか。そういう勘違い。

で、そーゆー自分の勘違いを認めて、正していくって、案外難しかったりする。特に俺みたいに歳をとってくると、なおさら。なんつーか、もう脳に回路ができあがっちゃってるわけ。壁の染みイコールお母さん、みたいな。駅前のポストイコールお母さんじゃない、みたいな。自動車イコール早い、みたいな。

でも、間違いは正していかなきゃいけないって、やっぱ思うんすよ。意固地になってたって意味ないって。それじゃあいつまでたってもここから先に進めないって。

ヘアースタイルへのこだわり

ipod9.jpg

<材料:木、毛>

ヘアースタイルにこだわってみた。

しかし用意した毛の量が少なく、
頭皮がうっすら透けて見えているせいか、正常に動作しなかった。

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Fuminori(Fagotto)

Fuminori(Fagotto)

年齢:28歳
性別:男
mail:
nishinyan_k@yahoo.co.jp

会社の上司が持ってたんすよ、iPodshuffle。すげー小さいのに音楽が聴けるの。俺、うらやましくてしょうがなくなっちゃって、お母さんに買ってって頼んだの。でも返事はなかった。なぜならお母さんだと思って俺が話しかけてたのは、壁の染みだったから。(本物のお母さんはどこ?)
で、仕方なく俺は、自分でiPodshuffleをつくることにしたんすよ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。